バレンタインリストバンドが企業や組織をどのように支援するか

- Dec 26, 2018-

バレンタインデーは、レストランやバーで最も忙しい夜の1つです。 避けられないラッシュに備えて施設が適切に準備されていない場合、スタッフは圧倒される可能性があります。 スムーズな操作を維持するために、一部のレストランや組織では、表面にロゴや名前が印刷されたピンクや赤のシリコンリストバンドなどのバレンタインデーリストバンドを使用しています。 さまざまな組織や機関がバレンタインデーのリストバンドにどのように適合するかを以下に示します。


バー、レストラン、ナイトクラブ

バレンタインデーは一年で最も人気のある食事の1つで、混雑した夜になることもあります。 アルコールを提供する場合、年齢を証明したリストバンドは、操作を簡素化するための優れたツールです。 21歳以上の明るいピンクと赤のリストバンドは、特にバレンタインデーの配色に適しています。 あらゆる種類の照明の下で輝く興味深いリストバンドを探している場合、カスタムホログラフィックリストバンドは、さまざまな光沢のあるバレンタインデーの色を提供することもできます。

リストバンドカスタマイザーは、独自のパーソナライズされたバレンタインスポンサーIDバンドを簡単に設計できます。 「Valentine's Day Soiree 2018」など、バー、レストラン、ナイトクラブのリストバンドに独自のカスタムメッセージを印刷できます。 一日の終わりに特別なバレンタインのお土産をゲストに提供できます。


学校

学校は、バレンタインデーのダンスを開催する場合、リストバンドが役立つと感じるかもしれません。 日中、一部の小学校では生徒のバレンタインデーを祝うため、教師はリストバンドを購入して子どもの数を記録し、成人ボランティアの身元を確認することもできます。 シリコンリストバンドは、お土産として保管できるため、学生に特に人気があります。 シリコンリストバンドの表面の印刷ラインアートワークをカスタマイズし、「High School Valentine's Dance 2018」などのスクリーン印刷または色塗りを使用して、パーソナライズされた情報を追加できます。


企業

オフィスや企業では、バレンタインキャンディーのバスケットや、顧客が使用できるその他の無料ギフトを提供することがあります。 ただし、他の多くの企業のようにキャンディを配布する代わりに、バレンタインデー情報を使用してカスタムリストバンドを配布できます。 「ハッピーバレンタインデー、スミス博士」というフレーズを簡単に使用できます。 キャンディーとは異なり、キャンディーは消費後すぐに忘れられ、リストバンドは何ヶ月もかけて着用することができます。 彼らは優れた広告と対話のスターターであり、人々はあなたのカラフルなバレンタインデーのリストバンドのためにあなたのビジネスを覚えることができます。

募金活動と啓発活動

リストバンドは、お金を集めたり、意識を広めたい非営利団体にも最適です。 たとえば、心臓病の募金活動のために資金を集めた場合、通常は心臓に関連しているため、バレンタインデーに参加できます。 End Heart DiseaseやPrevent Heart Diseaseなどのカスタム情報を使用できます。 シリコンリストバンドは、取り外して何度も着用できるだけでなく、非常にファッショナブルで人気があるため、募金活動や宣伝キャンペーンに非常に適しています。

歴史上最も人気のある募金活動のいくつかは、リストバンドを使って意識とお金を集めてきました。 他の人は自分が何であるかを尋ねる可能性があるため、人々はリストバンドを着用することも好みます。これは、着用者に組織を説明する機会を与えます。


宗教団体

バレンタインデーのアクティビティを開催する人は、リストバンドを使用してアクティビティを整理し、参加者を追跡し、食べ物や飲み物を管理し、賞品を配布する必要があります。 あらゆる種類のゲームやブースでバレンタインデーフェアを開催するのは興味深いかもしれません。 バレンタインデーの色のカスタムリストバンドを注文し、リストバンドの表面に組織名を印刷できます。 彼らはあなたの活動にいくつかの喜びを追加し、彼らにプロのタッチを与えます。 あなたの会衆は、バレンタインの日にお土産のシリコンリストベルトを思い出し、あなたの活動の良い思い出を残すことができます。