プロフェッショナルボキャブラリーの説明

- May 08, 2017-

マイクロソフトがリリースしたWindows XPオペレーティングシステムのshockwaveの脆弱性に対する「WindowsXP-KB823980-x86-CHS32λ.exe」パッチについて説明します。

★Windows XP - 製品名、パッチが適用されるオペレーティングシステムについて説明します。 表示されるオプションは、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vistaなどで、対応するオペレーティングシステムに個別に適用されます。

★KB - KBは、基本ナレッジベースを意味するナレッジベースの頭文字です。823980は、ナレッジベースの対応する説明文番号のパッチです。つまり、パッチの技術記事を表示できます。

★x86 - プロセッサプラットフォームのIDであるx86の例は、このパッチがIntel社のx86アーキテクチャに適用されているプロセッサプラットフォームを示しています。 可能なオプションはx86、x64、IA64です。

★CHS言語バージョンの識別。 この例のCHSは、パッチがWindowsオペレーティングシステムの中国語版に適用されていることを示しています。 使用可能なオプションはCHS、ENU、およびINTLです。これらはWindowsオペレーティングシステムの中国語、英語および多言語バージョンでそれぞれ使用されます。

ヒント:α、β、λはソフトウェアテストプロセスの3つのフェーズを表すために一般的に使用され、αは最初の段階であり、一般的には内部テスト用です。 ベータはソフトウェアの不完全さをほとんど取り除いた第2段階ですが、一般的に特定のユーザーグループのみが使用をテストするための欠陥や抜け穴が存在する可能性があります。 λは3番目の段階ですが、この時点では既に製品が完成しており、個々の場所でさらに最適化処理を行うことができます。 パッチは、リリースがテストされる前、すなわち「32λ」が削除されるので、Shockwaveパッチ名の正式版は「WindowsXP-KB823980-x86-CHS.exe」になるように、番号で若干変更されます。